Abonzoコーヒープロジェクト

abonzoCoffee_title

≪ アボンゾー・コーヒーの歴史 ≫

アカ族は、中国、ミャンマー、ラオス、ベトナム、タイに住んでいます。

タイ、ミャンマー、ラオスの国境近辺は、黄金の三角地帯「ゴールデントライアングル」と呼ばれ、世界最大の麻薬密造地帯でした。かつては麻薬の原料となるケシの花が栽培されていました。

アボンゾー氏は、ミャンマーに住むアカ族の酋長でしたが、戦争で逃れてタイに移住して来ました。
貧しい生活の中で、その地域の人々が収入源としていたケシの栽培を始めます。
しかし、その状況を重く見た現タイ国王「ラーマ9世」と王の家族が、私財をもって山岳民族の支援を始めました。

ドイ・チャン村でも20年程前から、ケシの栽培からコーヒー栽培へと転換してきました。

しかし、コーヒー栽培の収入は国に搾取されている現状があります。
この状況を改善したいと願った酋長アボンゾーは、アカ族の人々を励まし、高品質のコーヒーの製造と販売ルートを開発することを模索し始めました。困難は続きましたが、現在、祖父の意思を受け継いだ孫の世代が立ち上がっています。

abonnzo1-01

≪ 祖父の夢を実現へ ≫

abonzo01
孫のパトリック(Patric)、アカ族名アール(Aaru)は、幼い頃に村を離れ、自活を余儀なくされます。宣教師との出会いでイエス様を信じ、宣教師の助けでバンコクの神学校を卒業し、大学院修士課程まで終えることができました。

バンコクで数年間、牧師をしていましたが、祖父の願い、アカ族の社会的自立への重荷が消えず、牧師を辞め、故郷のドイ・チャン村に戻りました。村人を励まし、コーヒー農園での働きを充実させていきます。

そして、祖父の名前を元にアカ族独自のブランド「アボンゾー・コーヒー」を立て上げました。
また、シャーマンを神とする精霊信仰を持っていた家族に福音を伝え、家族全員が救われました。

≪ アボンゾー・コーヒーの収穫 ≫

アボンゾー・コーヒーは、アラビカ・コーヒーで、収穫時期は10月から2月の初旬です。
厳選して収穫された実を水洗いした後、機械で皮を剥いて、竹のござの上で2週間ほど乾燥させます。
再び皮を剥いて、大きさや形を選び分けた後、麻の袋に移して、6ヶ月以上 貯蔵し、熟成させます。
全て手作業で一粒一粒丁寧に収穫しています。

abonnzo1-04
abonnzo1-05

≪ 私たちはアボンゾー・コーヒーを応援しています ≫

アボンゾー・コーヒーは、ドイ・チャン村の小さな農家が集まり、製造から販売までを自分達でマネジメントしています。
高品質のコーヒーを国内、国外に提供し、アカ族の自立支援、教育、医療、働き場のない若者への仕事の提供となることを願っています。
ドイ・チャン村だけではなく、タイに住むアカ族の村々、また国を超えてミャンマー、ラオス、ベトナムに住むアカ族の自立へと繋がっていくことを目標としています。

そして、何よりもこの働きを通して、イエス様の福音が伝わることを願っています。

abonnzo1-09

アボンゾー・コーヒーに関心のある方は
pray-for-thai@freeml.comまたは、お問合せフォームからお問い合わせ下さい。

ดินดีディンディーミニストリーより

日本企業の方々を案内

日本の某企業からABONZO(アボンゾー)コーヒーの視察に来て下さり、アカ族ドイチャン村を案内し、アボンゾーコーヒーを紹介しました。まだまだタイ国内での販売も浸透しておらず、可能性を探っている状態ですが、日本から現地に足を運んで下さったことに大変励まされました。会社立ち上げ時の苦難などを分かち合って下さり、アカ族の過去、現在、将来を共に考えて下さいました。今後も良きアドバイザーになって下さること感謝致します。 ...
続きを読む

ABONZOミ―ティング

韓国から…ではなく、大阪から韓国人宣教師が来て下さりました。 韓国への販売ルートについて、一緒に話し合いました。 ...
続きを読む

日本への輸出を願って

ディンディーミニストリーで支援しているABONZOコーヒーです。 ドイチャン村は、以前麻薬の原料となるケシの花の栽培地として有名でした。20年程前にタイ政府が介入し、コーヒー栽培へと転換してきました。タイ北部でアカ族の作るコーヒーは有名になってきていますが、ABONZOコーヒーは、まだまだ小さな働きで、現在ドイチャン村でしか購入できません。ABONZOコーヒーの特徴は、アカ族の村人が栽培から収穫、焙煎、販売まですべてを行っています。また、収穫した豆を竹のござの上で乾かし、湿気を取るためにも工夫しています。そして、収益を村の自立支援、若者への仕事の提供につながることを願っています。 少しですが、日本からの注文があることを感謝致します。今後、日本の企業への輸出を願っています。 ...
続きを読む

ドイチャン村

チェンライ県、ドイチャン村で少数民族のアカ族が栽培しているAbonzo coffee、日本から注文を受け、クリスマスに届くように送りました。関心のある方は、ぜひディンディーミニストリーまでお問い合わせ、そしてご賞味下さい。 ↓コーヒー好きは御存知だと思いますが、猫の糞から取れる貴重な高級豆 ...
続きを読む

アカ族 ドイチャン村

チェンマイから一人で車を運転して、チェンライのドイチャン山へ まだここでしか買えないAbonzo coffee の買取りに。日本から注文が12kg入り、まだ試飲段階だけど嬉しい。 タイ語が通じない村…アカ族友人のお母さんに村の教会に連れて行ってもらい、その後、ついておいでと言っているようなので、ついていく…村散策。家々を訪問し、座り込み話す、を繰り返す。このアカ語での会話が理解できる日が来るのかなぁ。 ある家で写真を一緒に撮りたいと衣装を着替えてきたおばさん。でもカメラは持って来ず、どうやら私の携帯で撮る様子。今度、写真にして持って来よう。 ふと立ち止まり、振り返り、遠くまで歩いてきたなぁ…私はどこまで歩いていくのかなぁ…と思い巡らす。さぁ主と共に旅を続けよう‼ ...
続きを読む

Abonzo Coffee

アカ族の友人が立ち上げた Abonzo Coffee 標高1500mにあるアカ族の村ドイチャンで栽培しています。 村には仕事がなく、ぶらぶらしている若者の姿があります。そのような若者の仕事の提供、子供の教育、村の自立生活のために、このプロジェクトが進んでいくことを期待しいます。 ...
続きを読む
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket