カリスチャペルグループ

京阪中央教会のはじまり|創立牧師:村上好伸

 私の生まれ育った神戸市兵庫区菊水山は野山の美しい山間の町だったが、教会は一つもなく私の家族親族にもクリスチャンはいなかった。中学2年生の時、持田哲弥牧師の天幕伝道に一度行ったことをかすかに覚えている。1995年16才の春、私は友人から神戸市須磨区にある西神戸自由キリスト召会に誘われた。それが信仰の始まりだった。日曜日も水曜日も金曜日も教会に行き、5時半から始まる早天の祈り会にも通うようになった。9月29日、須磨海岸の砂浜で運命を大転換させることが起こった。この日は土曜日で、信徒の家の土曜学校の手伝いに行き、終わってから砂浜で一人祈っていた。その時突如、神の声、神の招きとして次の言葉が語られた。「わたしは誰をつかわそうか。誰がわたしのために行くだろうか。」(イザヤ書6章8節)…夢ではなく、幻聴でもなく、はっきりとした意識の中でこの声が聞こえてきた。私は2時間余りも神様と問答し自我生命と葛藤しながら神の招きを拒否して、祈り、叫び続けた。しかし結局、神様に降参して両手を上げ自分の生涯を捧げ運命を委ねて献身の道を志したのである。それから、私はノルウェーからの宣教師ソルボール師の家に住み込み、児童伝道や路傍伝道の学びとともに、献身者としての訓練に明け暮れた。当時その教会では奇蹟は日常的に起こっていた。私自身も10年来の蓄膿症、水虫、内臓疾患、頭部のハゲまで癒されるという体験をした。また、当時の牧師川端七之助師が大阪救霊会館(当時L・W・クート師)の聖会に講師として招待され、私達献身者も同行した時、私は初めて異言を伴う聖霊のバプテスマなるものを見聞きした。驚きと恐れの中、聖霊を求めて毎朝4時、祈りのため高取山に登った。そして、17才の1956年12月20日、激しい聖霊の傾注を受け、私はバプテスマされた。その日、私ははっきりと新しい霊の世界に導かれ、献身生活に対する確信と方向が明らかになった。しかし、その後牧師の罪の結果、教会は閉鎖、献身者は離散してしまった。指導者の責任の重大さを若い胸に深く刻み込んだ。私は友人と日本オープンバイブルの宣教師P・L・ラウンズ師を頼り、宣教師宅に居候しながら森谷勉師とともに甲子園聖書教会の開拓を手伝い、学びの機会を得た。ここでは特に子ども伝道に情熱を燃やした。その後、私はいろいろな事情で、愛知県名古屋市にある同盟系神学校で訓練を受けることになった。日々伝道に明け暮れ、どこででも集会を開いた。実に楽しい伝道の訓練だった。しかし、聖霊問題で行き詰まり、生駒のクート師を頼って学院に入学した。ところが、入学金のない私は半年間授業を受けられず、教会や学院のペンキ塗り、道路やガレージ作りをしていた。そのような状況下で、私はクート師の信仰とビジョンに大きな影響を受け、聖書信仰、聖霊の働き、宣教への思いなどが育てられたのである。それまで出会った多くの神の器、遭遇した経済の問題、人間関係、従順、ビジョン…すべてが私の今までの牧会を支える訓練であった。卒業を前にしてクート師は私を大阪救霊会館の牧師として招いて下さったが、このような神の導きと経過を踏まえて、全く知らない大阪市旭区の千林商店街と今市商店街の交差する花幸靴店の前で、路傍開拓伝道を始めることにしたのである。

 これまで試練や困難の日も多々ありました。しかし、その全ての日に、共に祈り、共に信じ、共に神様の勝利と栄光を喜んで下さった兄弟姉妹の顔が私のまぶたに浮かびます。主は、私たちが一つとなる時に、その偉大な御業をなして下さり、涙はすっかり拭い去られ悲しみは大いなる喜びに変えられ、主の宮に讃美と栄光が満たされて来ましたから心から感謝します。ハレルヤ!

 主の働きはこれからも力強く進んでいきます。カリスチャペルも、日本の宣教、リバイバルもこれからが収穫の季節です。抱えきれないほどの収穫の束を抱え、喜び叫ぶ季節がやって来ます。ビジョンを抱き、期待に胸を膨らませながら、どうぞこれからも祈りをもって次世代のリーダーを応援し、支えて下さい。カリスチャペルの子どもたち、孫たち世代から偉大な神様の器が輩出されるように夢を抱き、ますます神の御国が拡大されることを求めつつ、カリスチャペルの歴史を新たに刻んでゆこうではありませんか。

教会紹介

宗教法人「京阪中央教会」として、各地に6箇所の教会があります。

1993年 11月

1961年より創立牧師である村上好伸が京阪中央教会の開拓伝道を始め、1993年に大阪本部に新会堂を献堂し「通称:カリスチャペル」となりました。

カリスチャペル
1999年 7月

福岡の開拓は、1976年より筑紫野市二日市にて伝道活動を開始。

カリスチャペル福岡は、1999年に現在の場所(筑紫野市)にて新しい会堂を献堂しました。

カリスチャペル福岡
2006年 2月

カリスチャペル岡山は、カリスチャペル白庭台の枝教会として岡山県苫田郡鏡野町にてオープンしました。

カリスチャペル岡山
2008年 4月

カリスチャペルの枝教会として、三重県名張市にオープンしました。豊かな自然の中で学生キャンプや修養会、宣教チーム等のベースキャンプとしても活用ができる「リフレッシュセンター」があります。

リフレッシュセンター
2016年 9月

2016年に奈良県生駒市でカリスチャペル白庭台がスタートしました。シンプルで楽しい普通の教会「FUN CHURCH」として、ゴスペルレッスンや英語教室など様々なイベントも行っています。

カリスチャペル白庭台
2019年 6月

京都府木津川市にカリスチャペル創立牧師の村上好伸氏が主任牧師として「家族的で、明るく楽しいチャペル」をとの願いと祈りをもって「カリスチャペル木津川」を始めました。

カリスチャペル木津川