スタッフの紹介

創立牧師:村上 好伸・民子

1939年神戸市生まれ。
16歳で献身して牧師の道を志す。

1961年大阪市で開拓伝道を始め、宗教法人「京阪中央教会」カリスチャペルを創立。23歳で民子夫人と結婚。民子夫人は1990年に牧師按手を受け、共に牧会伝道に仕え、2021年で牧会60年を迎える。

現在、大阪府、奈良県、福岡県、岡山県、三重県、京都府の6か所で教会設立。アメリカ・ヨーロッパ・アジア等の40カ国以上で活躍し、福音宣教に生涯を捧げている。

担任牧師:村上 愛信 ・彩子夫人

1970年3月9日村上好伸・民子牧師夫妻の次男として生まれ、小学三年生までは守口市梶町に住み、四年生からは京都府相楽郡(現:木津川市)加茂町勝風の田舎生活。全校生徒2000名のマンモス小学校から66人の木造二階建ての小学校に転校しました。

中学は卓球部、高校はサッカー部。もともとシャイな分音楽は苦手で、もっぱら体を動かすことが大好きです。宮崎の大学在学中に献身の導きを受けて帰阪。

Youth With A Mission沖縄DTSを受け、関西聖書学院(KBI)卒業。1994年に小田彩子姉と結婚し、5人の男の子の父親でもあり、2010年3月よりカリスチャペル主任として牧師を務めている。

協力牧師:中村 友紀

次世代(キッズ&ユース)、木曜礼拝担当

  • 2003年  リバイバル聖書神学校卒業
  • 2006年  カリスチャペル伝道師
  • 2008年  牧師按手(村上好伸牧師・金エシュルン牧師)
  • 2018年  日本福祉大学福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科卒業・社会福祉士取得